秋田でのふすま・障子は田村経師店へ|秋田県秋田市|ふすま|障子|クロス|ガラスフィルム|壁紙|

ふすま・障子の張り替え

ふすま・障子の張り替え

襖(ふすま)の機能とは

襖は主に「部屋と部屋の間仕切り」として、また「押し入れ」に使用されています。
襖はシチュエーションによって小部屋と小部屋を繋げて、大広間として使用することを前提として作られており、木と紙でできた世界に類を見ない「軽い扉」として世界的にも有名です。

襖(ふすま)は、全てオーダーメイドです

襖襖は昔も今も全てオーダーメイド商品です。張り替え価格や新調価格は、襖骨・紙・フチ・引手の組み合わせと紙の張り手間で決まります。
フチや引手の組み合わせだけでもかなりの数になります。そこへ「紙の種類」が入ると既存の紙だけでも膨大な数になります。
これは、オーダーメイドだからこそ、さまざまなデザインを作ることが可能になります。
貼り替えの際に「以前とは違う雰囲気にしたい」と簡単にデザイン変更できるのも襖の特長です。最近では、より多くの襖紙のデザインもありますので、お客様のお部屋にあったデザインをお選びすることも可能になりました。

当社取り扱いの襖商品のご紹介

襖(ふすま)は簡単に破れる?

「襖は簡単に破れる」ということを時々耳にしますが、実際には何重にも紙が貼られた襖は丈夫になり、少々のことで破れることはありません。
問題は「下張り」と「上張り」の襖紙の問題です。襖の貼り替えをお受けし、その襖を見てみると「下張り」をされていないものを見かけます。この「下張り」されていない襖と「下張り」されている襖の丈夫さの違いが重要となります。


障子の機能とは

障子を通してお部屋に入る陽の光は、やわらなか光となります。障子に張られた「障子紙」を通した光は目にも優しくなり、またガラス窓に障子をはめるだけで、高価な木製ペアガラス以上の熱貫流率を発揮することも「日本建築学会設計計画」などにも記されています。障子紙、特に和紙は窓を閉めたままで「空気の換気」や「吸湿性」があると言われています。

障子も襖(ふすま)同様、全てオーダーメイドです

障子の価格は、障子骨と紙の組み合わせで決まります。
障子骨の材質は、最高級品では「赤杉」や「備州ひのき」などが有名です。お手頃価格の障子骨のほとんどが「スプルース材」で作られています。
みなさんがよく目にされる障子は四角が連なる「益子障子」と呼ばれるものがほとんどです。障子骨は全てオーダーメイドで様々なデザインにすることが可能です。「障子骨」と「紙」、この2つの材料で洋間にも合うモダンな障子を作ることも可能です。
まずは、当社までお気軽にご相談ください。

当社取り扱いの障子商品のご紹介